八村、ドラフト後の心境明かす「人生が変わったなという感じがする」

[ 2019年6月24日 05:30 ]

日本初のNBA1巡目指名選手となったゴンザガ大の八村(AP)
Photo By AP

 、NBAのドラフト会議で日本人初の1巡目指名(全体9位)をウィザーズから受けた八村塁(21=ゴンザガ大)は22日、共同通信の電話インタビューに応じ、ドラフト後の心境について語った。

 この日は「何もしないで、ゆっくりしている」と明かした上で「人生が変わったなという感じがする。この1週間は凄く忙しかったが、凄く楽しかった」。また、ウィザーズの本拠地ワシントンについて「人も場所も良かった。街も凄く奇麗で気に入った。もう心配しなくていい」と改めて好印象を口にしていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年6月24日のニュース