体操・白井、床7連覇ならず…代表入り途絶えるも「連覇に未練はない 満足感の方が大きい」

[ 2019年6月24日 05:30 ]

床の演技をする白井健三(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 体操の全日本種目別選手権最終日が23日、世界選手権(10月、ドイツ)の代表選考会を兼ねて行われ、橋本大輝(17=市船橋高3年)が初めて世界切符をつかんだ。男子の高校生代表は13、14年の岸根高・白井健三(22=日体大大学院)以来、史上2人目。内村航平(30=リンガーハット)、白井を含め16年リオデジャネイロ五輪団体金メンバーが全員代表落ちした中、体操ニッポンに新星が現れた。

 白井は国内で無敵を誇った床運動の連覇が6で途切れ、13年の世界選手権から五輪を含めて続いていた代表入りも途絶えた。それでも「あまりショックではない。連覇にも未練はないし、試合でやるべきことをできた満足感の方が大きい」と前向きな姿勢を崩さなかった。左足首のケガからの回復が遅れ、5月のNHK杯で23位に終わって代表争いからは後退。「同じような境遇の村上茉愛、(内村)航平さんとは、来年出直せばいいんだよと言い合っている」と誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月24日のニュース