初めて…出場した関脇以上総崩れ 横綱鶴竜も消沈「引いたら駄目」

[ 2019年5月23日 05:30 ]

大相撲夏場所11日目 ( 2019年5月22日    両国国技館 )

妙義龍(左)に押し出しで敗れる鶴竜(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 関脇以上の上位陣が総崩れした。1敗の関脇・栃ノ心の敗戦を皮切りに、大関の豪栄道が竜電に、高安は碧山に白星を奪われ4敗目。さらに結びの一番では横綱・鶴竜が平幕の妙義龍に不覚を取って2敗目を喫した。

 1場所15日制が定着した49年夏場所以降、出場した横綱、大関、関脇が全て敗れる(不戦敗を除く)のは初めて。豪栄道は「もっと強く当たらないと駄目」と立ち合いを反省し、碧山の突き押しになすすべなく敗れた高安は支度部屋に戻っても沈黙。結びを締めることができなかった鶴竜は「引いたら駄目。悪い癖が出たらしょうがない」と唇をかんだ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月23日のニュース