栃ノ心 大関復帰へあと1勝 八角理事長「ホッとしてはいかん。本人も分かっているだろう」

[ 2019年5月21日 19:53 ]

大相撲夏場所10日目 ( 2019年5月21日    両国国技館 )

<大相撲夏場所10日目>取組前に気合を入れる栃ノ心(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 関脇・栃ノ心が大関復帰に王手を懸けた。御嶽海を一方的に寄り切り9勝目を挙げた。

 八角理事長(元横綱・北勝海)は「いい踏み込みをすれば(こういう力強い相撲が)取れるということ。あと1勝?本人とすれば早く決めたいだろう。(ここまで勝って)ホッとしてはいかん。それは本人も分かっているだろう」と話した。

 土俵下で見ていた阿武松審判部長(元関脇・益荒雄)も「(相撲内容は)良かったと思います。一番一番白星を重ねていくだけ。そういう心境だと思います」と推察していた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月21日のニュース