照強 関取史上初の珍手「送り掛け」、幕下以下で決めたのは…

[ 2019年5月21日 05:30 ]

大相撲夏場所9日目 ( 2019年5月20日    両国国技館 )

<大相撲夏場所9日目>千代丸(左)を送り掛けで破る照強(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 照強が01年初場所で決まり手として導入されてからは、十両以上で初めてとなる「送り掛け」を決め4勝目を挙げた。

 千代丸の圧力に右おっつけで対処し、もろ差し。さらに左後ろに組み付く形から右足で相手の左足を払った。本人は「狙っていなかった。たまたま。(幕下以下も含めれば)2回目なんですよ。最初は誰か知ってます、コイツです」と付け人を指さした。東幕下13枚目の翠富士は、17年春場所9日目の三段目、神嶽戦に勝った際に決めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年5月21日のニュース