小平 後退もショットに自信「そこは間違っていなかった」

[ 2019年4月15日 05:30 ]

USPGAツアー マスターズ第3日 ( 2019年4月13日    米ジョージア州オーガスタ オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

第3ラウンド、ホールアウトする小平智
Photo By 共同

 46位から出た小平は73と振るわず50位に後退。それでも「バーディーチャンスが3日間の中で一番多かった。自信になった」と前向きに捉えた。

 予選で状態が悪かった1Wを、この日は2ホールしか使わなかった。パットが決まらずスコアには直結しなかったが、ティーショットで主に3Wを手にするマネジメントに手応えを感じている。「ショットは良い感覚。そこは間違っていなかったと再確認できたので、明日からはいい感じで回れるかな」と話した。

 ▼1位F・モリナリ イタリア人の僕でもウッズは憧れの選手。彼がまたいいプレーをしているのは凄くうれしい。きっと凄い歓声になるだろうけど、自分の一打に集中するだけ。(ボギーなしの6バーディー)

 ▼4位ブルックス・ケプカ 勝つチャンスはあると感じている。ウッズのプレーはあまり見ていないが、いいプレーをしているのだろう。(3打差4位に後退)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月15日のニュース