熊谷、大健闘4位 通算12戦目で初賞金330万円獲得

[ 2019年4月15日 05:30 ]

女子ゴルフツアー スタジオアリス女子オープン最終日 ( 2019年4月14日    兵庫県 花屋敷GCよかわC=6316ヤード、パー72 )

4位タイでフィニッシュの熊谷かほのは18番のパーセーブに笑顔(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 “和製セクシー・クイーン”熊谷かほ(23=ウッドストックCC)が5バーディー、3ボギーの70とスコアをまとめ、通算6アンダー、210の4位と大健闘し、初の賞金330万円を手にした。首位に1打差の2位から出た申ジエ(30=韓国)が69で回り、通算9アンダーで逆転優勝。日本ツアー通算22勝目を飾り、賞金ランクも首位に。首位スタートのエイミー・コガ(23=加賀電子)は通算2アンダーの10位に終わった。

 3度目の挑戦でプロテスト最下位合格した16年の夏から足掛け4年。熊谷がレギュラーツアー通算12戦目で初めて330万円という大金を獲得した。「もったいないボギーがあったのでそれが悔しいですね」と反省の弁を並べた後で、「安心してます」と本音を漏らした。

 最終日は17年の賞金女王・鈴木愛と同組。7番からの連続ボギーで崩れかけるも、9番では残り157ヤードの第2打を7Iで3メートル、折り返しの10番でも残り94ヤードの第3打を1・5メートルに運び、連続バーディーで再浮上。最終18番でも3メートルのパーパットを沈め、鈴木と同順位で最終日を終えた。

 アン・シネらと肩を並べる和製セクシー・クイーンとしても注目を集めるが「エッ!私ですか。そこには一線を引いてしっかり成績で頑張ります」とセクシー路線を否定。昨季は40位で約320万円だった後半戦の出場権を決めるランキングの目安をこの一戦でクリア。“ゴルファー・熊谷かほ”に自信を深めた。

 ◆熊谷 かほ 1995年(平7)9月29日生まれ、甲府市出身の23歳。ゴルフは11歳から始め、山梨学院高3年の時にプロを目指す。最初のプロテストに失敗し、オーストラリアでの留学生活で基礎から学ぶ。2016年7月に3度目の挑戦でプロテスト合格(88期生)。昨年11月に行われたツアー最終予選会で15位となり、今季前半戦の出場権を確保。1メートル65、54キロ。血液型はA。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月15日のニュース