天理大 決勝へ向けリラックス「一つ一つ丁寧に」

[ 2019年1月12日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権決勝   天理大―明大 ( 2019年1月12日    秩父宮 )

ラグビーの全国大学選手権決勝に向け調整する天理大の選手
Photo By 共同

 天理大は攻守の動きを確認し、軽く汗を流した。練習後はグラウンドいっぱいに選手が広がり、丁寧にごみ拾い。小松監督は「みんなリラックスして良かった。(決勝を)楽しみにしている気がする」と語った。

 関西勢として優勝すれば34大会ぶり。東京での試合のため明大ファンが多いことも予想されるが、フッカーの島根主将は「自分たちは逆境に強い。一つ一つのプレーを丁寧にやっていきたい」と落ち着いた様子で話した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月12日のニュース