特別賞の紀平 世界選手権へ気合「ノーミスでいけたら」

[ 2019年1月12日 05:30 ]

ビッグスポーツ賞表彰式 ( 2019年1月11日 )

<第53回テレビ朝日ビッグスポーツ賞>池江、小平らと記念写真に納まる紀平(前列中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート女子で昨年12月のGPファイナルを制した紀平梨花(16=関大KFSC)は、特別賞を受賞した。

 2月には四大陸選手権(米国)、3月に世界選手権(埼玉)と大舞台が続く。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が武器の16歳は、「世界選手権でSP、フリーでノーミスの演技ができたら」と気合を入れた。2位だった昨年末の全日本選手権時に不安を抱いていたスケート靴も新調し、2日から練習を再開。今季を終えると4回転トーループの習得にも本格的に取り組む。「来季が始まる前に完成形に持っていけるようにしたい」と意欲を口にした。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月12日のニュース