照ノ富士 初場所全休へ…親方「万全の状態にしないと」

[ 2019年1月12日 05:30 ]

大相撲初場所 ( 2019年1月13日 )

 元大関で西三段目88枚目の照ノ富士(伊勢ケ浜部屋)は初場所を全休する方針だ。休場は5場所連続で、序二段転落が確実な3月の春場所での復帰を目指すという。

 昨年6月に両膝を手術し、幕内優勝経験者として初めて幕下に転落した同7月の名古屋場所から全休が続いている。先月から四股などの基本運動を再開しており、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は「関取に上がるためにやっている。万全の状態にしないといけない」と話した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月12日のニュース