フィギュアGPファイナル滑走順決定 宇野は最終6番、女子では紀平、宮原、坂本が連番

[ 2018年12月6日 08:45 ]

<グランプリファイナル>SPの滑走順抽選に臨む(左から)坂本花織、宮原知子、紀平梨花、ザギトワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 6日(日本時間7日)にカナダ・バンクーバーで開幕するフィギュアスケートGPファイナルの男女ショートプログラムの滑走順が5日(同6日)、決まった。

 日本勢では男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)は最終の6番滑走。女子では紀平梨花(関大KFSC)が3番、宮原知子(関大)が4番、坂本花織(シスメックス)が5番滑走となり、ジュニア男子の島田高志郎(木下グループ)は3番滑走に決まった。3種目のSPとも6日(同7日に行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年12月6日のニュース