GPファイナル初Vへ宇野が闘志「自分の実力の最大を発揮」 公式練習で汗

[ 2018年12月6日 09:03 ]

<グランプリファイナル・公式練習>滑走順の抽選に臨む宇野昌磨(右)とネーサン・チェン(同2人目)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 6日(日本時間7日)にカナダ・バンクーバーで開幕するフィギュアスケートGPファイナルの公式練習が5日(同6日)、行われた。

 4年連続出場の宇野昌磨(トヨタ自動車)はショートプログラム曲「天国への階段」をかけながらミスした4回転フリップや4回転トーループなどを念入りに確認した。最終6番滑走に決まった平昌五輪銀メダリストは「ベストな演技をすれば結果はついてくる。その結果がついてこなかったら、自分の実力不足ということになると思う。まずは自分の実力の最大を発揮したい」と闘志を高めた。

 男子のショートプログラムは6日(同7日)、フリーは7日(同8日)に行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年12月6日のニュース