バド奥原 日本ユニシス退社「五輪見据え個人戦に集中」

[ 2018年12月6日 05:30 ]

遠征先から帰国後、取材に応じる奥原
Photo By 共同

 バドミントンの女子シングルスで2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(23)が13年4月から所属していた日本ユニシスを12月末で退社し、来年1月から個人で活動することになった。5日、奥原のマネジメント会社が発表した。

 「東京五輪を見据え個人戦に集中したい」という理由で、今後の活動については改めて報告するという。日本ユニシスは退社について「時間をかけて話し合った結果」とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年12月6日のニュース