伊調 最大ライバルはリオ金の川井梨、12月全日本選手権で対戦も

[ 2018年10月15日 09:02 ]

レスリング 全日本女子オープン選手権 ( 2018年10月14日    静岡県三島市民体育館 )

レスリング全日本女子オープン57キロ級最優秀選手賞のトロフィーを手に笑顔の伊調(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 復帰後の主戦場を「57キロ級」と明言した伊調の最大のライバルは、今年の世界選手権代表の川井梨紗子(23=ジャパンビバレッジ)になる。

 川井はかつて伊調の壁にはね返され続ける若手だったが、リオ五輪では63キロ級に上げて金メダルを獲得すると、昨年の世界選手権は60キロ級で優勝し、名実ともに日本女子のエースに成長しつつある。東京五輪では妹の友香子(21=至学館大)との姉妹出場を目指しており、「馨さんの階級が一緒なら一緒で構わない」と目標達成のためには伊調との徹底抗戦も辞さない姿勢。両者は12月の全日本選手権で対戦する可能性もある。西口強化本部長が「もったいない」と嘆く世界女王対決のつばぜり合いが見られそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年10月15日のニュース