大坂、香港オープンは腰痛で欠場 WTAファイナルに備える

[ 2018年10月8日 05:30 ]

女子テニスの大坂なおみ
Photo By スポニチ

 女子テニスの香港オープンの主催者は7日、第2シードで出場予定だった大坂なおみ(20=日清食品)が腰痛で欠場すると発表した。

 大坂は6日の中国オープン準決勝で世界20位のセバストワ(ラトビア)にストレート負け。試合中に腰の治療を受けた。準々決勝では試合中に泣きだすなど、全米優勝後のフィーバーで心身ともにお疲れムード。休養を取ってシーズン最終戦のWTAファイナル(21日開幕、シンガポール)に備える。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月8日のニュース