日立サヨナラ勝ち、5連敗でストップ 松畑が先発起用応え劇打

[ 2018年10月8日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ ( 2018年10月7日 )

 横浜市など3会場で9試合が行われた。5連敗中の日立は、ホンダ戦のタイブレーカー8回に松畑美希内野手(25)が左中間にサヨナラ打を放ち後半戦初勝利。続く戸田中央総合病院戦も勢いに乗り連勝した。豊田自動織機はケイラニ・リケッツ投手(27)の2日連続完封勝利でホンダを下した。

 5連敗中の呪縛を解くサヨナラ打だった。ホンダ戦のタイブレーカー8回2死三塁、日立・松畑が左中間に運んだ。入社4年目の今季は期待されながら不振続きだったが、「結構開き直って入ることができた。絶対ここで打ってやると思っていた」と先発起用に4打席目で応えた。

 <豊田自動織機・リケッツ連続完封>豊田自動織機・リケッツが虎の子の1点を守り切った。3回、先頭のメリットが右翼越え本塁打を放ち、「今はボールがよく見えている」と前日の戸田中央総合病院戦に続く2日連続のアーチに胸を張った。リケッツは走者を許しながらも要所を締める投球で前日の日立戦に続く2試合連続完封。「いい感じで投げられた」と笑顔を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年10月8日のニュース