スキー国体複合成年男子Aは清水連覇、前半飛躍の20秒差逆転

[ 2018年2月28日 05:30 ]

国体スキー複合成年男子A 1位でゴールする新潟・清水
Photo By 共同

 国民体育大会冬季大会スキー競技会第3日は27日、新潟県妙高市赤倉観光リゾートスキー場ほかで行われ、複合成年男子Aは清水亜久里(新潟・ユーグレナ)が2連覇を果たした。前半飛躍(ヒルサイズ=HS100メートル)で2位につけ、トップと20秒差で出た後半距離(10キロ)で逆転した。

 クラシカル走法の距離5キロの成年男子Cは五輪3大会代表の恩田祐一(新潟・アークコミュニケーションズ)が3連覇を飾った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月28日のニュース