鶴竜 出場に慎重、脱臼の右手薬指回復まだ「力伝えられない」

[ 2018年2月28日 05:30 ]

3月11日初日大相撲春場所

力士会会場に入る鶴竜
Photo By スポニチ

 横綱・鶴竜が春場所出場に慎重だ。27日は自らが会長を務める力士会に参加。初場所千秋楽の豪栄道戦で脱臼した右手薬指の回復について「まだ力が伝えられない。(まわしを)つかめるけど切られる。相撲を取って、出稽古などで様子を見て」と説明した。

 今月1日には左足首付近の手術も受けたが「足首の方はいい。稽古をして負荷をかけたら分からないが、今のところは」と話した。なお、貴ノ岩ら貴乃花部屋の4人の関取は所用により力士会を欠席した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月28日のニュース