白鵬 精力的に1時間半以上汗 両足親指テーピングも「順調」

[ 2018年2月28日 05:30 ]

3月11日初日大相撲春場所

稽古で汗を流す白鵬
Photo By 共同

 初場所を途中休場した横綱・白鵬は、大阪市天王寺区の宮城野部屋で、痛めた両足の親指にテーピングを施して1時間半以上、四股やてっぽうなどで汗を流した。

 重りを使ったトレーニングでは自らを追い込み「うー」などと苦しげに声を上げる場面もあった。横綱在位が単独史上最長となった第一人者は精力的に体を動かして「順調」とうなずいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月28日のニュース