羽生に聞く 勝負飯は「いつもご飯。パンやパスタは力出ない」

[ 2018年2月28日 05:30 ]

日本外国特派員協会会見 ( 2018年2月27日 )

外国特派員協会での会見で笑顔をみせる羽生
Photo By スポニチ

 【羽生と一問一答】

 ――ケガしていた間は論文を読んだと聞いた。

 「トレーニングの仕方や試合に対するメンタルも学んだ」

 ――食事の管理はどうしている。

 「食に対して興味がなくて難しい質問がまたきた感じ…。食べても太らないタイプなので、普通のアスリートとは違う生活をしている。マックも行きますし、炭酸ジュースも好きだし、ポテチを食べることもよくあります」

 ――勝負飯は。

 「いつもご飯を食べている。パンやシリアル、パスタでは力はあまり出ない。ご飯はどの会場でもどの国でも食べて、パワーを演技につなげている」

 ――競技前のルーティンは。

 「気を付けているのはベッドシーツや枕、荷物整理はきれいにしてから試合に臨むということをしている」

 ――北朝鮮の選手と会う機会はあったか。また、その印象は。

 「政府の人間じゃないからコメントは難しいが、スケートの仲間であることは確かなので、彼らが五輪に出られてよかった」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月28日のニュース