PR:

ビルズの新人QBピーターマンが屈辱的なワースト記録 前半でインターセプト5回

前半で5つのインターセプトを喫したビルズのピーターマン(AP)
Photo By AP

 18季ぶりのプレーオフ進出を目指しているNFLビルズは19日、敵地カリフォルニア州カーソンでチャージャーズと対戦。ショーン・マクダーモット監督(43)は不振のタイロッド・テイラー(28)に代わって、ドラフト5巡目(全体171番目)に指名した新人ネイサン・ピーターマン(23)を先発QBに起用した。

 ところがこれが大誤算。プロ初先発となったピーターマンは最初の2つのパスは通したものの、第1Qだけで3つのインターセプトを喫し、第2Qにも2つを奪われて前半で退いた。パス試投14回(成功6回)のうち5回がインターセプトという散々な内容。チャージャーズのLBコーリー・トゥーマー(28)には59ヤードのリターンTDを奪われ、敗因を1人で作る悪夢のような一戦となった。

 前半でのインターセプト5回は、2001年以降ではリーグ・ワースト。第1Qでの3回は、2014年10月16日にジェッツのジーノ・スミスがビルズ戦で喫して以来の屈辱的な記録となった。

 マクダーモット監督は後半からテイラーを起用したが時すでに遅し。ビルズは24―54(前半7―37)で敗れて5勝5敗となり、プレーオフ進出に赤信号が点灯した。

 チャージャーズは4勝6敗。2006年以来、195試合連続の先発となったQBフィリップ・リバース(35)は251ヤードと2TDをパスで稼いで勝利に貢献。チームは3試合ぶりに白星をもぎとった。

[ 2017年11月20日 12:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月16日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画