白鵬 日馬富士の暴行問題に「場所終わって、そこにいた関取衆、関係者を呼んで一区切りしたい」

[ 2017年11月16日 18:48 ]

栃煌山(右)を押し出しで下す白鵬
Photo By スポニチ

 日馬富士の暴行問題について横綱・白鵬が16日、今場所後に事件現場にいた関係者全員を集める意向を示した。大相撲九州場所5日目に5連勝を飾ると、支度部屋から出て足を止め、「本当、ファンに申し訳ない。こんなことになるとは思わなかった。残念な気持ちでいっぱいです」と悲痛な面持ちで騒動を謝罪した。

 日馬富士が平幕・貴ノ岩に暴行した現場に同席したことを認めたが、一方で「(日馬富士が殴ったのは)ビール瓶ではありませんし、馬乗り(で殴った事実)もありません」と明かし、「報道されたことと実際のことにズレがある」と続けた。

 そして、「場所終わって、そこにいた関取衆、関係者を呼んで一区切りしたい」と今場所後には事件現場にいた全ての関係者を集め、事態を収束させたい考えを示した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月16日のニュース