安美錦 5連勝「がまんして、がまんしてと思った」

[ 2017年11月16日 17:14 ]

大相撲九州場所5日目 ( 2017年11月16日    福岡国際センター )

 平幕の安美錦(39=伊勢ケ浜部屋)が新入幕の大奄美(24=追手風部屋)の寄りを何度もこらえて、すくい投げ。平幕でただ1人、初日から5連勝を飾った。

 「よく残ったね。がまんして、がまんしてと思った。残すたびに足がビキビキして、大丈夫かな、と」

 昨年の夏場所で左アキレス腱を断裂。今場所、昭和以降の最年長再入幕を果たしてから負けなしも、一喜一憂はしない。部屋の弟弟子、日馬富士の不祥事もあって、前日の4日目も「申し訳ない」と頭を下げている。

 6日目以降へ「自分有利(な形で)いきたい」と反省も忘れなかった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月16日のニュース