遼 パット握り順手に、プロアマ戦で好感触 ティーオフ心待ち

[ 2017年11月16日 05:30 ]

16日開幕ダンロップ・フェニックス

ダンロップ・フェニックス・プロアマ 笑顔でラウンドする石川
Photo By スポニチ

 石川はパットの握りを順手に変更する意向だ。プロアマ戦で試し「クロスハンドで打って一体感は出てきた。順手の方が迫力がある」と好感触を口にした。

 課題のドライバーショットも「枠の中に行っている」と手応えがある。現在5試合連続予選落ちしているが「初日が楽しみ」とティーオフを心待ちにしている。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年11月16日のニュース