ラグビー23年W杯開催国にフランス、南アとアイルランド破る

[ 2017年11月16日 05:30 ]

 国際統括団体ワールドラグビー(WR)は15日、英ロンドンで総会を開き、23年の第10回W杯の開催国をフランスとすることを決議した。フランスでの開催は07年の第6回大会以来、4大会ぶり2度目となる。

 同大会を巡っては南アフリカ、アイルランドも最終的に立候補。1回目の投票で最下位だったアイルランドが除外され、決選投票では24票を集めたフランスが15票の南アを上回った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年11月16日のニュース