五郎丸 SRデビュー戦で5得点 ルーティンも見せた!

[ 2016年2月27日 19:38 ]

スーパーラグビーのチーム今季初戦のワラタス戦の後半、ペナルティーゴールを狙うレッズの五郎丸。初得点をマークした

 世界最高峰リーグ「スーパーラグビー(SR)」第1節の6試合が27日、各地で行われ、レッズに加入した昨年のW杯日本代表FB五郎丸歩(29)は、豪・シドニーで行われたワラタス戦の前半27分に交代出場し、SRデビュー。後半にはPG1本とコンバージョンキック1本を決め、初陣で5得点を挙げた。チームは10―30で敗れ、黒星スタートとなった。

 背番号23の五郎丸は、0―20と大量リードを許した前半27分から途中出場。タックルで見せ場をつくると、両チームの選手が激しいプレーを巡ってもみ合った場面では興奮した味方をなだめる一幕もあった。

 後半4分には正面でPGを得ると、両手を合わせるルーティンから右足で決めて公式戦初得点をマークした。同9分には同じような位置からのPGを失敗。同18分にはSOマッキンタイアがチーム初トライを決めるとその後のコンバージョンキックを任され、きっちり右足で2点を追加して10―20と追い上げた。

 しかしレッズは3分後にトライを奪われるなど失点を重ね、10―30で敗戦。五郎丸は終了間際には鋭いタックルで相手のカウンター攻撃の芽を摘み、失点を防いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年2月27日のニュース