敏京、9打差7位に後退 イ・ボミは16位 ホンダLPGA第3R

[ 2016年2月27日 20:11 ]

第3ラウンド、通算7アンダーで7位に下がった野村敏京

 米女子ゴルフのホンダLPGAは27日、パタヤのサイアムCC(パー72)で第3ラウンドが行われ、5位から出て71で回った野村敏京は通算7アンダーの209で7位に下がった。64と伸ばした首位レキシー・トンプソン(米国)とは9打差となった。

 72だった宮里美香と73の大山志保が通算イーブンパーで36位となった。横峯さくらは74、宮里藍は78と崩れてともに5オーバーの58位。

 田仁智(韓国)が4打差の2位につけた。日本ツアー賞金女王のイ・ボミ(韓国)は3アンダーの16位。

 ▼野村敏京の話 ダブルボギーとか、もったいなかった。人間だからミスはする。アンダーパーで終わったので(最終日は)いい流れでプレーできると思う。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年2月27日のニュース