17歳・平野歩夢がXゲーム初優勝 男子スーパーパイプ

[ 2016年2月27日 10:13 ]

冬季Xゲームのスノーボードのスーパーパイプで演技する平野歩夢(AP)

 スキーなどの競技を独自のルールで実施する冬季Xゲームは26日、オスロでスノーボードのスーパーパイプ男子決勝が行われ、ソチ冬季五輪のハーフパイプ銀メダルの17歳、平野歩夢(バートン)が94・66点で初優勝を果たした。

 25日の予選は5位で突破。8人で争った決勝ではただ一人90点台をたたき出し、ソチ五輪で平野を抑えて金メダルに輝いた2位ユーリ・ポドラドチコフ(スイス)に完勝した。平野は14歳で出場した2013年の冬季Xゲームのこの種目で銀メダルを獲得している。

 平岡卓(バートン)は予選10位で決勝に進めなかった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年2月27日のニュース