ラプターズ キャブス撃破!ホーム10連勝で2差接近

[ 2016年2月27日 17:02 ]

チームを勝利に導いたラプターズのラウリー(右、AP)

 NBAは26日に各地で8試合を行い、東地区全体2位のラプターズは地元トロントで同1位のキャバリアーズを99―97(前半45―49)で下して39勝18敗。4連勝でキャバリアーズとのゲーム差を2に詰めてきた。試合はガードのカイル・ラウリー(29)が第4Qの残り51・9秒に同点シュート、残り3・8秒に勝ち越しのジャンプシュートを決めて自己最多の43得点をマーク。チーム記録に並ぶホーム10連勝でこのカードは今季2勝1敗となった。

 キャバリアーズは41勝16敗。第4Qの残り5分37秒で9点をリードしていたが守り切れなかった。レブロン・ジェームズ(31)は25得点。しかし逆転を狙った最後の3点シュートは失敗した。

 クリッパーズは敵地サクラメントでキングスを117―107(前半64―67)で退けて34勝23敗。ロードでのこのカードは7連勝となった。ガードのクリス・ポール(30)は今季自己最多の40得点と13アシスト8リバウンドで勝利に貢献。トレードでグリズリーズから移籍してきたジェフ・グリーン(29)も22得点を挙げた。

 キングスは24勝33敗。センターのディマーカス・カズンズ(25)が26得点15リバウンド9アシスト、ウォリアーズのステファン・カリー(27)の弟セス・カリー(25)が自己最多の19得点を挙げたものの、ポールのオフェンスを阻止できなかった。

 東地区全体5位のホークスは8位ブルズを地元アトランタで103―88(前半51―44)で退けて32勝27敗。連敗を3でくい止めた。故障者続出ながら踏ん張っていたブルズの連勝は3で止まって30勝27敗。右太腿を痛めたデリック・ローズ(27)は2試合連続で欠場した。

 グリズリーズは敵地ロサンゼルスでレイカーズに112―95(前半67―50)で順当勝ち。ベンチから出たベテランのビンス・カーター(39)が5本連続で3点シュートを成功させ、20分の出場で今季自己最多の19得点を記録した。

 レイカーズは8連敗を喫して11勝49敗。コービー・ブライアント(37)は欠場した。

 <その他の結果>

ホーネッツ(30勝27敗)96―95ペイサーズ(31勝27敗)、ウィザーズ(27勝30敗)103―94 76ers(8勝50敗)、ニックス(25勝35敗)108―95マジック(25勝32敗)、マーベリクス(31勝28敗)122―116(延長)ナゲッツ(23勝36敗)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年2月27日のニュース