中本“12度目の正直”へ気合!7日号砲福岡国際マラソン

[ 2014年12月6日 05:30 ]

福岡国際マラソンの共同記者会見で、抱負を述べる中本健太郎

 悲願の初優勝で大舞台への道を切り開く。来夏の陸上世界選手権(中国・北京)の代表選考会を兼ねた福岡国際マラソンは7日、平和台陸上競技場発着のコースで行われる。12年ロンドン五輪6位、13年モスクワ世界選手権5位の現役最強ランナー・中本健太郎(31=安川電機)は「世界と戦ってきた経験を生かして、臆することなく挑戦したい」と気合を入れた。

 中本は過去マラソン11戦で2位が最高。「優勝を味わってみたい」。強豪が集うレースで優勝すれば、世界選手権代表入りは確実。持ち味の粘りで栄光のフィニッシュを目指す。

続きを表示

2014年12月6日のニュース