ドーピング陽性で2年間の資格停止…山中が神鋼に再入部

[ 2013年5月1日 06:00 ]

 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼は、2年間の資格停止処分を受け退部した山中亮平(24)が1日付で再入部すると発表した。

 山中は11年4月の日本代表合宿中に抜き打ち検査を受けた際、筋肉増強作用のあるメチルテストステロンに陽性反応を示した。ドーピング目的ではなく口ひげを伸ばすために市販薬を使用したと主張したが、認められずに今年4月27日までの処分を科された。

 1日は練習がないため、2日から練習を再開する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年5月1日のニュース