大関候補・栃煌山は好調維持「少しずつ自信付いてきた」

[ 2013年5月1日 06:00 ]

大相撲夏場所

(12日初日 東京・両国国技館)
 先場所は小結で10勝の栃煌山が好調をキープしている。今場所も番付は変わらないが「小結から大関を目指します」と明るい表情で話した。

 墨田区の春日野部屋で幕内・栃ノ心、碧山らと17番。13連勝するなど仕上がりの良さをうかがわせ「出足も鋭いけど、相手に攻められても我慢できている」と手応えを口にした。先場所は4大関全員を撃破し「いい相撲が何番かあったし、少しずつ自信が付いてきた」。上位陣にとって脅威の大関候補となってきた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年5月1日のニュース