武蔵川親方甥ら6人が受検…新弟子検査申し込み締め切り

[ 2013年5月1日 06:00 ]

 日本相撲協会は、1日に行われる夏場所の新弟子検査の申し込みを締め切り、受検者は武蔵川親方(元横綱・武蔵丸)の甥(おい)で米ハワイ出身のフィアマル・ペニタニ(18)ら6人だった。

 全員が合格すれば、今年の新弟子総数は61人となって早くも過去最低だった昨年の55人を上回る。10年の野球賭博、11年の八百長問題と不祥事続きで減少傾向にあっただけに、八角広報部長(元横綱・北勝海)は「喜ばしいこと。(年間に)200人ほどいた全盛期に戻るようにしたい」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年5月1日のニュース