遼くん 9番で計算通りにイーグル!

[ 2011年5月20日 20:03 ]

第2日、9番でイーグルを決め、ガッツポーズする通算8アンダーで11位の石川遼

とおとうみ浜松オープン第2日

(5月20日 静岡県グランディ浜名湖=7028ヤード、パー72)
 インスタートの最終9番(526ヤード、パー5)で、石川遼の第1打は右隣の17番のフェアウエーを転がった。実はしたたかな計算による、狙った一打だった。

 カップは浮島のグリーンの手前に切られ、右側に花道がある。「9番のフェアウエーからではボールを止めるのが難しい。邪道かなと思ったが、イーグルを取れる確率が上がるルート」とみた。距離を稼ぎ、グリーン周辺を広く使う、この作戦が的中した。残り176ヤードを8番アイアンで2オンに成功。ピン右から6メートルのイーグルパットを沈めると左腕を高く突き上げ、笑みを広げた。1打目をあえて隣接ホールへ打ったのは初という。東京・杉並学院高の先輩、薗田から授かった作戦は、練習ラウンドで距離を調べることもなく、現実味は薄かった。

 リスク覚悟の挑戦が実り、万全でない中で首位と3打差に詰めた。「自分にとってはいい誤算。3日目でさらに詰められれば、チャンスは大きくなる」と気持ちを高めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年5月20日のニュース