河瀬“地元の利”64でプロ10年目初の首位発進

[ 2011年5月20日 06:00 ]

18番、ラインを見る河瀬。初日トップタイだ 

とおとうみ浜松オープン第1日

(5月19日 静岡・グランディ浜名湖ゴルフクラブ=7028ヤード、パー72)
 浜松出身の河瀬が地の利を生かし、プロ10年目で初の首位発進を決めた。

 「ここは年間3、4ラウンドはしてる。今までにない地元開催の大会なので上位にいきたいと思ってた」と6番のチップインバーディーや、残り57ヤードから直接沈めた13番のイーグルなど、自己ベストの64をマーク。家族の声援も受けながら、芹沢信雄門下生として師匠や兄弟子の藤田らを上回る好スタートを切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年5月20日のニュース