7人制日本代表 男子は山内、竹中ら選出

[ 2011年5月20日 19:05 ]

 日本ラグビー協会は20日、セブンズフェスティバル(29日・秩父宮)に出場する7人制ラグビーの日本代表を発表し、男子は山内貴之(トヨタ自動車)や18歳のホープ竹中祥(筑波大)ら12人を選んだ。女子はハンドボールから転向した大島千佳(PHOENIX)や辻本つかさ(SCIX)ら10人を選出した。

 7人制ラグビーは2016年リオデジャネイロ五輪で初めて実施される。男子は12~15日まで選考合宿を行い、女子は3、4月に香港遠征したメンバーを中心に選んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2011年5月20日のニュース