×

女子世界選手権代表に大神、吉田ら12人

[ 2010年9月1日 23:32 ]

 日本バスケットボール協会は1日、9月23日からチェコで開催される女子世界選手権の日本代表12人を発表し、大神雄子、吉田亜沙美(ともにJX)の両ガードやフォワードの三谷藍(富士通)らが順当に選ばれた。

 中川文一監督が率いる日本は2大会ぶりの出場で、8強入りを目標に掲げる。大会は16チームが4組に分かれて1次リーグを争い、日本は強豪のロシア、チェコ、アルゼンチンと同じD組に入った。6日に直前合宿地となるフランスに向けて出発する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2010年9月1日のニュース