×

セメンヤまさかの9位、復帰のガトリンも敗れる

[ 2010年9月1日 09:16 ]

 陸上の国際競技会は31日、イタリアのロベレトで行われ、女子100メートル(タイムレース)で日本記録保持者の福島千里(北海道ハイテクAC)はB組で向かい風3・3メートルの条件下、11秒65で勝ち全体では7位だった。高橋萌木子(平成国際大)は12秒16で15位。同100メートル障害の寺田明日香(北海道ハイテクAC)は13秒25で4位だった。

 男子100メートル(タイムレース)はドーピング違反による資格停止が解けたジャスティン・ガトリン(米国)が10秒09で2位と敗れ、藤光謙司(セーレン)は10秒59で全体の9位に終わった。

 女子800メートルは性別問題がクリアされたキャスター・セメンヤ(南アフリカ)が2分7秒16で9位に沈み、千葉麻美(ナチュリル)は2分9秒39で10位。男子400メートル(タイムレース)の金丸祐三(大塚製薬)は46秒33で4位だった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2010年9月1日のニュース