×

宮崎日大が創部59年目で選手権初勝利 決勝弾のMF外山は「決めるだけだった」

[ 2021年12月31日 18:40 ]

第100回全国高校サッカー選手権2回戦   富山第一0―1宮崎日大 ( 2021年12月31日    フクダ電子アリーナ )

<富山第一・宮崎日大>後半33分、先制ゴールを決めた宮崎日大・外山(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 2年連続2度目出場の宮崎日大が、創部59年目で選手権初勝利を挙げた。

 0―0で折り返した後半33分、敵陣中央左からのFK。MF芥川蘭丸(2年)の左足から放たれた絶妙なクロスは、ゴール前でフリーだったDF外山将大(2年)が頭で豪快に突き刺した。チームの新たな歴史を刻む決勝弾を決めた外山は「いいボールが来たので、決めるだけだった。キッカーの(芥川)蘭丸を褒めたいです」と、満面の笑みを浮かべた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年12月31日のニュース