×

前回王者撃破の佐賀東 MF中山が先制弾「試合前から決めてやろうと思っていた」

[ 2021年12月31日 14:46 ]

第100回全国高校サッカー選手権2回戦   佐賀東2―0山梨学院 ( 2021年12月31日    熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 )

 佐賀東のMF中山琉稀(3年)の笑顔が弾けた。ゴールネットが揺れるのを確認して走り出すと、飛び上がってガッツポーズ。前回王者を粉砕する一発だった。前半3分、味方が敵陣で相手のボールを突っついたところに素早く反応。ドリブルで運び、左足の強烈なシュートでショートカウンターを完結させた。

 「キャプテンの森田(悠斗)が高い位置で奪ってくれ、自分はカウンターを狙っていたところにボールがきた。いつもは(利き足の)右足で持ってカットインから決めているが、今回は相手が前にいなかったので振り切ろうと思って打ったら入った」

 チームを勢いづけるとともに、初戦の緊張を和らげる先制弾。その後は全員守備で攻撃を耐えしのぎ、後半38分にロングカウンターからFW溝口貴也(3年)が勝負を決定づける2点目を奪った。

 中山は並々ならぬ覚悟で大舞台に臨んでいた。「去年は途中出場で何もできなかった。来年こそは絶対にやってやろうと思っていた」「今日、決められて嬉しい。試合前から決めてやろうと思っていた」。まさに有言実行のゴール。背番号7は勢いのままに、3回戦の九州対決(次戦は大津と東福岡の勝者と対戦)に向かう。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年12月31日のニュース