×

浦和 シュート20本も…江坂弾のみ ロドリゲス監督「スルッと勝ち点2をこぼした」

[ 2021年10月17日 05:30 ]

明治安田生命J1第32節第2日   浦和1-1G大阪 ( 2021年10月16日    埼玉 )

<浦和・G大阪>追いつかれてのドローにガックリの浦和イレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 浦和は最後まで決定力を欠き、20本ものシュートを放ちながら得点は後半アディショナルタイムに江坂が決めたPKの1点のみ。直後には岩波のハンドで同点PKを献上し、ホーム5連勝はならなかった。

 ロドリゲス監督は「スルッと勝ち点2をこぼしてしまった。決定機はつくれていたが、説明できない結果になってしまった」。1トップで先発した明本が前半35分に負傷交代、また内転筋の違和感を訴えて欠場したユンカーの不在も響いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年10月17日のニュース