吉田麻也 7戦連続フル出場も3失点で黒星…4戦勝ちなしで迫る降格圏

[ 2021年10月17日 21:51 ]

カリアリのFWケイタ(右)と競り合うサンプドリアのDF吉田(AP)
Photo By AP

 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也(33)は17日、アウェーのカリアリ戦に開幕から7試合連続となるフル出場を果たした。2―1で勝利した12日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦を終え、チームに戻っての初戦。定位置のセンターバック右でプレーした吉田は、森保ジャパン同様に最終ラインを統率したが、開始早々の前半4分にいきなり先制を許すと、後半29分にはさらに失点。その後の反撃も同37分に1点を返すのが精一杯で、試合終了間際にだめ押し点を奪われて1―3で敗れた。

 これでチームは4戦勝ちなし。他チームの結果次第では降格圏に沈む可能性が出てきた。7大会連続のW杯出場へ苦境に立たされている森保ジャパン同様、吉田は所属クラブでも厳しい戦いを強いられており、チーム全体でのさらなる奮起が求められそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月17日のニュース