×

WE千葉 5戦目で待望の初勝利 エース候補の大沢が2発

[ 2021年10月17日 05:30 ]

WE LEAGUE第6節   千葉2-0長野 ( 2021年10月16日 )

<千葉・長野>新エースとして期待される千葉のFW大沢春花
Photo By スポニチ

 浦和駒場スタジアムほかで3試合が行われ、千葉がアウェーで長野を2―0で下し、5試合目でリーグ初勝利を挙げた。FW大沢春花(20)が初ゴールを含む2得点を挙げ、守備も初の無失点に抑えた。4戦全勝だった三菱重工浦和は広島に1―2で敗れ、初黒星を喫した。

 千葉は大沢の初ゴールを含む2発で待望の勝利をつかんだ。前半3分にMF田中とのワンツーから鮮やかな右足ループで初の先制。後半にも相手守備のミスを拾ったMF安斎のお膳立てから冷静に決めた。

 世代別代表の経験が豊富で「自分のゴールで勝ててうれしい」と喜ぶ20歳の新エース候補に、猿沢監督は「これまで力み過ぎていた部分がある。これからもっと取ってくれるでしょう」と期待を寄せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年10月17日のニュース