デンマークのW杯出場が決定 ドイツに続く2チーム目

[ 2021年10月13日 11:40 ]

W杯欧州予選F組   デンマーク1―0オーストリア ( 2021年10月12日    デンマーク・コペンハーゲン )

決勝点を決めたメーレ(中央)=AP
Photo By AP

 デンマークが2大会連続6度目のW杯出場を決めた。ホームでオーストリアを1―0で下して勝ち点を24に伸ばし、2試合を残してF組1位が確定。8戦全勝、27得点無失点という圧倒的な成績で予選を走り続け、ドイツに続く2チーム目の22年カタール大会出場権を勝ち取った。

 この日は堅守の相手を攻めあぐねたが、後半8分にデラネイがドリブルで持ち込み、ゴール左前でパスを受けたメーレが右足でゴール左隅に決勝点。殊勲の24歳は「今日は最も美しいサッカーというわけではなかったが、幸いなことに両チームともにいいプレーではなかった。最も重要なことは我々が勝ってW杯切符を手にしたということ」と息をついた。

 今夏の欧州選手権では司令塔エリクセンが試合中に一時心停止となるアクシデントを乗り越えて4強入り。欧州選手権後も5戦全勝と勢いを継続して一気にW杯出場を決めた。ケアー主将は「長い道のりを乗り越えてきたけど、より貪欲になっていく。もっと先までいける」とW杯本大会での快進撃を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月13日のニュース