三菱重工浦和・安藤、チームの攻撃に手応え FWとしての野心も「もっと得点を」

[ 2021年10月13日 13:02 ]

 「WEリーグ」・三菱重工浦和の安藤梢(39)が13日、オンラインで取材対応。チームは開幕から4連勝と好スタートを切り、「簡単な試合はなかったが、スタートからしっかり勝ってきているのはチームとして自信になっている」と胸を張った。

 ここまで全試合に先発し、1ゴール2アシストの活躍。すでに10点を挙げたチームの攻撃について「いろんな選手が関わりながらゴールを取れているのは手応えもある」とした上で「もっと得点をしていきたい。お客さんに喜んでもらえるようなゴールを増やしていきたい」と自身のFWとしての野心をのぞかせた。

 20代の頃から科学的なトレーニングを取り入れ続け、今でも動きのキレは増すばかり。「年齢を重ねても衰えずにやれるんだってところを見せたいと思ってやっている」。39歳の背番号10は誰よりも強い想いで、ピッチに立つ。5連勝を懸けた16日のホーム広島戦に向けて「手ごわい相手になる。それを上回る気迫、自分たちのサッカーを出して、ホームで多くのお客さんに来て頂きたい。その中でしっかり勝ちきりたい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月13日のニュース