長友 11年ぶり古巣復帰初戦は左SBとして先発!長谷川監督も納得の起用「練習で“違い”を見せた」

[ 2021年9月18日 19:13 ]

明治安田生命J1第29節   FC東京―横浜FC ( 2021年9月18日    味スタ )

FC東京に復帰した日本代表DF長友
Photo By スポニチ

 FC東京の日本代表DF長友佑都(35)が、11年ぶりの古巣復帰後初戦となる18日のホーム横浜FC戦で先発出場。Jリーグ出場は10年5月15日の清水戦以来、4144日ぶり。ゴールネットを揺らせば、05年鹿島MF本田泰人の3790日ぶりを上回り史上最長のブランク得点となる。

 試合前日会見で長谷川監督は長友について「体調が急変しない限り、100%出場すると思っていただいていい。スタメンで起用しようと思っている。それ以上は言えない」と先発起用を明言。FC東京には長友が主戦場とする左サイドバックにDF小川諒也(24)がおり、長友のポジションがどこになるのか注目が集まった。

 小川も長友と同様に右サイドバックもこなすことが出来るため、指揮官が選択した長友のポジションは4―2―3―1の左サイドバック。指揮官は試合前、長友の先発起用について「練習で“違い”というのを十分に見せてくれた」とコメント。右サイドバックにはDF小川が起用された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月18日のニュース