WEリーグ千葉が大トリ開幕戦へ 林主将「ワクワクする試合を」

[ 2021年9月18日 18:30 ]

WEリーグ開幕戦を控え練習に熱が入るDF林香奈絵(中央左)ら千葉イレブン(クラブ提供)
Photo By 提供写真

 12日に開幕した女子サッカー国内初のプロリーグ「WEリーグ」11チームで唯一開幕節に試合のなかった千葉が18日、初戦となるホームちふれ埼玉戦(20日、フクダ電子アリーナ)を前にオンラインで取材対応した。

 開幕節は「理念推進日」としてイレブンはオンラインフォーラム開催やホームスタジアム周辺の清掃、社会貢献活動に従事した。昨年末からの長いオフに加えて他チームよりさらに1週間待ち続けた開幕戦を前に、主将のDF林香奈絵は「正直ここまで長く感じた」と本音を口にしつつ「開幕戦ということで見に来ていただける方もいる。楽しくワクワクする試合を届けたい」と意気込んだ。ちふれ埼玉には、昨季千葉で主将を務めたMF瀬戸口梢が在籍する。副将として背中を見続けた先輩との対戦に「コズさんは相手になったら怖い選手。真っ向勝負で負けたくない」とライバル心を燃やした。

 昨季はなでしこリーグ1部で10チーム中6位。初年度の目標にシーズン20試合で「40得点以上、20失点以下」を掲げる就任2年目の猿沢真治監督は「いろいろな方々に期待していただき、身が引き締まる思い。自分たちらしいサッカーをして勝利をつかみ取りたい」と抱負を語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月18日のニュース