ペレ氏 大腸腫瘍除去の手術成功「偉大な勝利。神様に感謝している」

[ 2021年9月8日 05:30 ]

 元ブラジル代表の名選手で「王様」の愛称で知られるペレ氏(80)は6日、大腸の腫瘍を除去する手術を受けたと自身のSNSで明らかにした。

 8月31日にサンパウロ市内で入院し、今月4日に手術。「偉大な勝利。神様に感謝している」と語った。闘病生活を試合になぞらえ「笑みを浮かべながら家族や友人の愛に包まれて生きる喜びと共にこの試合に臨む」と決意を述べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月8日のニュース