C大阪 乾貴士から大久保嘉人弾 レジェンドホットラインも開通して札幌に3発快勝

[ 2021年9月8日 21:31 ]

明治安田生命J1第19節   C大阪3-0札幌 ( 2021年9月8日    札幌厚別 )

 札幌―C大阪 後半、チーム3点目のゴールを決め、喜ぶC大阪・大久保(右)=厚別
Photo By 共同

 C大阪に新たなレジェンドのホットラインが生まれた。

 第19節の1試合が行われ、C大阪はアウェーで札幌と対戦。序盤の劣勢を跳ね返し、3―0で勝利し約半年ぶりとなる2連勝を飾った。

 後半開始から今夏に10年ぶりとなる復帰を果たした元日本代表MF乾貴士が途中出場。同31分からは元日本代表FW大久保嘉人がピッチに立った。迎えた後半43分、ペナルティーエリア内に入った乾が中央へとパスを送ると、大久保が巧みなフェイントで1人をかわし、右足で冷静なシュートを沈めた。

 乾にとっては、これが復帰後初アシスト。また、大久保にとっては3月13日の横浜FC戦以来、22試合ぶりとなる今季6得点目。自身が持つ最多記録を更新するJ1通算191得点目となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月8日のニュース