C大阪・クルピ監督 今季限りでの退任を示唆?「監督業はセレッソでの1年が最後になると思うが…」

[ 2021年6月23日 16:56 ]

C大阪・クルピ監督
Photo By 提供写真

 C大阪のレヴィー・クルピ監督(68)が、今季限りでの退任をほのめかした。

 タイで集中開催されるACL1次リーグの初戦・広州戦を翌日に控え、23日に前日会見に出席。C大阪で4度目の指揮を執ることになった理由などを問われ、次のように語った。

 「なぜ私がセレッソに来られたのかは正直、分かりません。ただ、だからこそ自然な形でセレッソに帰ってこられたし、とても幸せに感じている。個人的には、監督業はセレッソでの1年が最後になると思うが、セレッソでの1年が最後になるなら、とても幸せなことだ」

 C大阪に攻撃サッカーを植え付け、若手育成の手腕なども買われて現場復帰を果たした名伯楽。本人の言葉通りなら、自身にとってラストのACLに臨むことになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月23日のニュース